FC2ブログ
黒瀬モーターサイクル
東広島市黒瀬町のバイク屋日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイシー100 Vベルト交換
スペイシー100のVベルト交換をします。

早速カバー類を外し、作業に取り掛かります。

2013_0412_101347-P4120001.jpg

走行距離35000キロです。

2013_0412_101401-P4120002.jpg

ヒビヒビです、もう少しで切れる所でした。

それでは交換します。

2013_0412_101611-P4120003.jpg

前のプーリー側から外します。

4サイクルスクーターの場合は必ず、プーリーを固定してからインパクトで外します。
2サイクルと違い圧縮圧力が高いので、こうしないとクランクシャフトがねじれ、芯がずれます。

100%ずれるとも限りませんが、硬くナットが閉まっていた場合は、かなりやばい行為だと思います。

次は後側。

2013_0412_101759-P4120006.jpg

特に固定してなくても良いのですが、まあ一応。

ベルトを外しました。

2013_0412_101915-P4120007.jpg

ヒビヒビです。

4サイクルの場合この様に全体的にヒビが入り、次に山が剥がれて行き、ベルトが切れます。
2サイクルの場合は、個々で多少ばらつきがありますが、ジワジワでは無く割とブッツリ切れる事が多いです。

次にウエイトローラーです。

2013_0412_102050-P4120010.jpg

走行距離にしては、状態が良いです。

切れる前に交換しましたので、ケース内も割と綺麗です。

切れてから交換は、グジャクジャで正直大変です。

2013_0412_102123-P4120013.jpg

それでは組みます。

2013_0412_102617-P4120015.jpg

後側のプーリーをはめ、前側のプーリーのナットを手で締めて行きます。
クランクシャフトのスプラインを傷めない様に、まずは手で締めれる所まで手で行きます。

コツはベルトを写真のように握って、手を緩めた時に左手でナットを締めます。
それを何度か繰り返し、プーリーのセンターのナットが最後まで手で閉まればOK。

2013_0412_102817-P4120017.jpg

後は外した時と同じように、プーリーを固定して締め付ければ終り。



プーリー周りは終わったのですが、エンジンを掛けて見ると時々止まったりします。
調子が悪いのでエンジン回りをもうすこし見て行きます。

走行キロがあれなのでカーボンを落とす為に、キャブコンディショナーをエンジンに入れます。


キャブコンディショナーの説明には、キャブレターから入れて下さいと書いていますが、そんな事をするとCVキャブ内のゴム類がダメになります。
大昔の4輪のキャブの場合はこの通りですが、二輪の場合はキャブから入れてはだめです。

ちなみにインジェクションの場合もゴム類が有りますので、やらない方が良いです。
私はスロットルボディーをバイパスする位長いノズルを突っ込んでします。

話を戻して、キャブ車の場合、たいがいマニホールドに負圧を取るホースが有りますのでそれを使います。

2013_0412_135135-P4120018.jpg

左右に出ているのがそれです。

片側を外そうと触ると

2013_0412_135156-P4120019.jpg

んん!!

2013_0412_135238-P4120021.jpg

めっけ!!

破れている所まで短くカットして、エンジンを掛けると直ってしまいました。

気分良し


直ってしまったが、調子自体はいまいちなので続けます。

まずはエンジンをかなりガンガンに回しますので保険としてゾイルを入れます。
エンジンを掛けながら、スーパーゾイルスプレーをシューシュー入れます。
シリンダーとピストン、吸排気バルブのコーティングが目的です。

その後にキャブクリーナーを同じ様に、シューシューとエンジンが止まらない様に入れて行きます。

2013_0412_135642-P4120022.jpg

写真のホースは、ホームセンターの5ミリのピンクホースに、草刈機用の燃料ホースを刺した物です。
便利ですよ

2013_0412_140449-P4120025.jpg

エンジン調整ですが、キャブクリーナーを入れる前はパイロットスクリューを回してもほとんど反応がなかったですが、作業後は素直に反応する様になりました。

こうなってからでないとエンジン調整は出来ませんので、私は4サイクルのエンジンで調整が難しい場合は、キャブクリーナーを入れてから再度キャブ調整をします。

これでも言うことを聞かない場合に初めて、キャブオーバーホールです。

今回はキャブを分解しなくても、素直なエンジンに出来ました。


話は変わりますが、2サイクルエンジンにキャブクリーナーは入れないで下さい。
当たり前ですが、油を溶かす物なので良く有りません。

2サイクルの場合はゾイルのみです。


おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kurosemc.blog42.fc2.com/tb.php/80-989c80fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。