FC2ブログ
黒瀬モーターサイクル
東広島市黒瀬町のバイク屋日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノア ボアアップキット組み付け G260PUHパート6
クランク周りをやる予定でしたが、ボアアップキットを組みます。

部品が小さく難しいので、すこし詳し目にしてみます。

ボアアップキットです。

2012_0213_165630-P2130001.jpg

まずはピストンリングを組みます。

Hの文字を上にして、合口を爪で広げながら、写真の様にリングを滑らすように組むと折れ難いです。

2012_0213_165741-P2130004.jpg

次にピンクリップを片側(下側)だけ組みます。

ピンクリップは小さく柔らかいので、気を付けないとすぐ変形します。

変形に気が付かず組んでしまうと、エンジンを掛けた時に外れて壊れてしまいます。

初心者の方が一番失敗する所です。(次がリングを折る事かな)

ですので、なるべく指で入れて下さい。(指で入れるのも難しいと思いますが、変形はしません)


写真の様な角度で爪で押し込むと、わりと簡単だと思います。

2012_0213_165958-P2130006.jpg

クリップを飛ばさない様に、気を付けます。

大体ハマったら、ピストンピンを使って「パチン」と溝にはめます。

2012_0213_170140-P2130009.jpg

汚い指でごめんなさい。

次は、クリップの合口を上に向けます。

ピストンの上下動の加速度で、自重でクリップが外れないようにする為です。

合口が横だと、自重でクリップが外れます。

小さめのラジオペンチで、変形させない様に回します。

2012_0213_170251-P2130011.jpg

次に、コンロットにスモールベアリングをはめ、スーパーゾイルスプレーを吹いておきます。

2012_0213_170425-P2130012.jpg

スモールベアリングが落ちない様に、そーとピストンを入れます。

2012_0213_170439-P2130013.jpg

ピストンピンをさします。

打ち込まなくても、簡単には入りました。

2012_0213_170508-P2130014.jpg

ピンクリップを先ほどの様に組み、ピストン周りの組み付けは終了。

2012_0213_170819-P2130019.jpg

次はシリンダーの加工をします。

リューターで落とそうかと思いましたが、こいつでやって見ます。

2012_0213_171117-P2130022.jpg

キーコーギーコー

2012_0213_171342-P2130023.jpg

こっちもギーコーギーコー (ちょっとイライラ)

2012_0213_171623-P2130024.jpg

イライラしたので折りました。

2012_0213_172242-P2130028.jpg

突起が取れたので、シリンダーを組みます。

ピストンとシリンダーにオイルをスプレーして。

2012_0213_172620-P2130030.jpg

ピストンリングを指で押さえながら、ピストンを入れます。

2012_0213_172824-P2130031.jpg

ネジをよけながら入れて行くと、まだ当たります。

2012_0213_172857-P2130032.jpg

一旦外してリューターで削ります。

初めから、リューターでやれば良かった!!。

2012_0213_173150-P2130034.jpg

もう一度組んで、今度は良さそうです。

2012_0213_173516-P2130035.jpg

最後は、シリンダーの取り付けボルトを締めて終わり。

2012_0213_173827-P2130036.jpg


別段難しい所は有りませんが、物が小さいので力を入れ過ぎるとすぐ壊れそうです。

次回の為にタイミングプレートを取り付けました。

2012_0213_174534-P2130038.jpg

次はボアアップキットの詳細を調べたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kurosemc.blog42.fc2.com/tb.php/64-a5ac5ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。