FC2ブログ
黒瀬モーターサイクル
東広島市黒瀬町のバイク屋日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クランクシャフトオイルシールの漏れ
お客様から、ディオのエンジンが掛かり難いと電話が有りました。

引き取りに行き、エンジンを掛けましたが、すんなりと掛かります。


お客様曰く、走行中も止まりそうになるそうです。


ぱっと見た所、別段調子悪そうではありませんし、変な異音も有りません。

ただ少しだけ、燃料が濃い様な印象を受けました。

マフラーが詰まっている様な感じと言いましょうか?。

持って帰って、詳しく見ます。


最初にプラグの火花と圧縮を調べて、正常なのを確認しておきます。

問題無さそうなので、次に行きます。

怪しいキャブレターとマフラーを調べます。

マフラーを外し、ポートのカーボンとマフラーの詰まりを調べましたが、異常無し。

ただ、ここで怪しい所が出て来ました。

マフラーの詰まりを見るのに、アクセル全開をしばらくした後、急に閉じ、またアクセルを開けた時に少しタイムラグが有ります。

言葉にすると伝えにくいのですが、エンジンがアクセルに対してついて来ない。

少し息継ぎの後にエンジンが吹けると申しましょうか?。

パア~~ン パンパン パア~~ンが パア~~ン んん ん パア~ン て感じです。


ちょっと、バイクの話ですよ?


ア~~ンでも、んんでも何でも構いませんが、この症状は一次圧縮の漏れです。

正確に言うと漏れでは無く、2次空気の吸い込みです。


走って見ましたが、加速中は正常で、回転数が一定になるとガス欠の様な症状が出ます。

これはクランクケース内の負圧が高くなった時に、オイルシールから吸っているのだと思われます。

アクセルを急閉した時などは、特に吸うのだと思います。

そして、息継ぎ。


早速確認します。

2011_0512_130505-P5120002.jpg

ばらしました。

アップです。

2011_0512_130532-P5120004.jpg

やはり二次空気を吸っています。

この様にオイルが滲んでいたらダメな証拠です。

新品と交換します。

ただ、かなり強引な方法で交換します。

ドライバーを突っ込み、無理やり外します。

失敗すると、クランクシャフト、ケースがダメに成りますので、余りお勧めしません。

ただホンダの正規な交換方法は、クランクケースを割って作業する様になっています。

2011_0512_132130-P5120008.jpg

何とか外れました。

組み立てます。

2011_0512_132449-P5120009.jpg

組み付けるのは、正規の方法です。

出来ました。

2011_0512_132610-P5120013.jpg

完成ですと言いたいですが、もう一つも確認します。

正直、こちらはやりたくない。

2011_0512_134231-P5120014.jpg


と言っても、ダメでした。

右側は奥まった所に有るので、作業難度がググ~んとアップします。

お恥ずかしながら、何とか出来ました。

2011_0512_140409-P5120021.jpg

余りマジマジと見ないでね。

言い訳だけど、難しいのよ。

モザイク入れようかしら?。

気を取り直して、組み立てます。

2011_0512_140753-P5120023.jpg

全て組み立てて、エンジンを吹かして見ました。

ちゃんと、アクセルについて来るようになりました。

加速、ハーフスロットル、共にいい感じに成りました。


ちょっと話が飛びますが、ストリートを走る車両は、ここが漏れてはいけません。

ですが、レーサーの場合は少し違います。

アクセルについて来ない様ではいけませんが、少し漏れる位の方が良いです。

昔、ノーマルクラスやSPクラスのミニバイクのエンジンを良く組んでいました。

ばらしちゃいますが、ここのオイルシールの抵抗を無くすのが速いエンジンを作るコツでした。

あまりに詰め過ぎると二次空気を吸い始めて、上記の様な事が起きます。

起こった場合は、少しずらすと取り合えずは止まります。

止まらない場合は、エンジンをばらしてやり直しって事を、昔随分やりました。

うちで組んだエンジンは、何かインチキをやっていると言われていましたが、実はここの管理をしっかりやっていただけです。

小型のエンジンはここのオイルシールで随分と変わりますので、レース等をやられている方は参考にしてみて下さい。

ビックリしますよ。



今回の作業で、何か懐かしかったので書いてみました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kurosemc.blog42.fc2.com/tb.php/58-533c7b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。