FC2ブログ
黒瀬モーターサイクル
東広島市黒瀬町のバイク屋日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブディオ エンジン腰上オーバーホール
広島国際大学の学生さんが、朝の通学は出来たが、夕方エンジンが掛からないとライブディオを持ち込んで来られました。
早速キックして見ましたが、明らかに圧縮が低いです。

圧縮を測るのにプラグを外すと、プラグのガイシ部分が赤いです。
錆びたような赤い色は、ピストンやシリンダーに何か問題が有る場合に起こります。

2010_0428_170455-P4280001.jpg


コンプレッションゲージで測ると、8キロ位までしか上がりません。
アクセル全開で、足がつりそうなほどキックして何とか9.5まで上がりました。

お客様にバイクの使用状況を尋ねた所、安佐南区から黒瀬町の広島国際大学まで毎日通学しているそうです。
片道約1時間半かかるそうです。

バイクを預かる事にして、クランクベアリングの状態を見るためにエンジンを掛けます。
足がつりそうです。

クランクベアリングは大丈夫そうですが、マフラーからの排気ガスに勢いが有りません。
排気ポートかマフラーが詰まっていそうです。

分解しました。

2010_0429_141058-P4290009.jpg

グッツリ詰まっています。
写真では解りにくいですが、2ミリぐらいの層に成っています。
指も入りません。

2010_0429_141128-P4290010.jpg

ピストンはトップリングの合口隙間辺が、溶けて無くなっています。
セカンドリングは、カーボンで固着しています。

2010_0429_141159-P4290012.jpg

ピストンの裏もカーボンでいっぱいです。

シリンダーの摩耗を測定します。

2010_0429_144358-P4290014.jpg

最大で40.02ミリでした。
基準値が40.000 使用限度が40.05ですので使用できます。
シリンダーだけで、1万円掛かるので助かりました。

使用状況から、ベルト周りも怪しいので点検します。

2010_0429_152930-P4290016.jpg

こちらは問題なしです。
クランクベアリングもガタ無しです。

組み立てに入ります。

ピストン周りは新品で組み、シリンダーのカーボンを取り、組みました。
キック一発で、エンジンが掛かりました。

掛かったら、すぐにスーパーゾイルです。

2010_0429_154700-P4290017.jpg

シュー シュー シューと吹き、エンジン内をコーティングします。
これをやると、エンジンがすごく調子良くなり、寿命も延びます。

マフラーからの排気ガスも、勢いよく出て来ました。
マフラーで無くてよかった。

後はバッテリーの充電や、各部の調整をして終了です。
まだまだ行けそうです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kurosemc.blog42.fc2.com/tb.php/10-db9383d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。