FC2ブログ
黒瀬モーターサイクル
東広島市黒瀬町のバイク屋日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャブオーバーホールの失敗例

通販で買ったベンリー90Sの調子が悪いので、見て欲しいと御来店したお客様。
このブログを見て、遠く廿日市市から来られたそうです。
買った所は遠くて修理に出せず、地元のバイク屋さんに何度も修理に出したが直らず、困って遠く当店まで来店したそうです。
症状はエンジンの調子が悪く、力が無くて走らない、エンジンが冷えている時は良いが、温まると走らなくなる。

ふかしてみると、高回転でボコボコ言っています。

ベンリー90Sです

2014_0707_134103-P7070002.jpg

走行1400キロ 年式の割に低走行で極上中古車です。
買った時は800キロだったそうです。

症状は買った時からだそうですので、何となくこの時点でピコーン!と・・・・・
プラグを見ます

2014_0707_134305-P7070004.jpg
真っ黒です。
熱価も1番落とした、CR5HSAが付いています。
純正の6番では、さらに真っ黒だったのでしょう!!

圧縮の測定とIGコイルやコードの点検をして、異常は有りませんでした

点火時期を見ます

2014_0707_140309-P7070006.jpg

写真では光って見えませんが、進角、時期共に異常無し
バルブクリアランスも異常無し

キャブ以外は異常無しを確認してから、本丸のキャブを外します

2014_0707_141130-P7070008.jpg

フロートチャンバーを外します

2014_0707_141239-P7070011.jpg

綺麗なフロート室が出て来ました。

ただし一度詰まって、キャブクリーナーを使ってオーバーホールした跡が有ります。

2014_0707_143104-P7070018.jpg

綺麗にオーバーホールして有りますが、ジェットを見ると虫食いの様な腐食が所々有ります
また全体的に痩せてザラザラで、色もくすんだ様です
純正の80番の刻印が有りますが、これでは80番の穴径ではないでしょう

ちなみに針金で穴をガリガリすると、これも穴径が大きくなります

ザラザラの表面に針金でグリグリすると・・・・

新品のジェットが届きました

2014_0709_143757-P7090021.jpg

穴を透かして見比べてみましたが、肉眼で違いは解りません。
スローも交換します。

2014_0709_144021-P7090022.jpg

症状とは違いますが、こちらも気になるので交換します

2014_0709_144041-P7090024.jpg

スロー側の安定を狙ってオーリングの交換をします

パカッ

2014_0709_144217-P7090025.jpg

ゴムがカッチカチです

2014_0709_145328-P7090029.jpg

新品のオーリングを組み、キャブも組み付けました。

試運転をしてプラグを見ました

2014_0709_152849-P7090031.jpg

先ほどの5番のプラグが良く焼けて、真っ白になっています。
走った感じは高回転まできっちり回り、いい感じです。

プラグを6番と交換します

2014_0709_153133-P7090036.jpg





これで本来のベンリー90Sに戻りました
良いバイクです 末永く大切にして下さいませ          ←開運なんでも鑑定団風





スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。