FC2ブログ
黒瀬モーターサイクル
東広島市黒瀬町のバイク屋日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コマツPC01ミニユンボ キャブオーバーホール GX160です
今回のお題は、コマツのマイクロショベルPC-01です。

エンジンの調子が悪いそうです。

しかし小さい。

2013_0207_094457-P2070010.jpg

どの位小さいかと言うと

2013_0207_094434-P2070009.jpg

こんな感じです。

こんまいが普通のユンボと同じ動きをします。

それでは修理をしたいと思います。

まず症状ですが「ウィーンブブ ウィーンブブ」とハンチングの様な、燃料が多くて失火している様な感じ。

エンジンは止まりませんので、ユンボとしての機能はなんとか使えるかなってかんじです。

ただハンチングの様な感じで落ち着かないし、耳の付くようなうるささ。

そして何より不完全燃焼で臭い。

症状的にキャブレターの詰まりなので、パイロットスクリューを回して見ましたが全く反応無し。

締めようが、緩めようが反応が無いので、キャブをばらして行きます。

2013_0207_095135-P2070012.jpg

いつものホンダGX160です。

どこにでも使われていますね。

怪しいキャブを降ろします。

2013_0207_095500-P2070014.jpg

中でも一番怪しいスロージェット。

スロットルストップスクリューの下に有る、黒いグロメットの様な物がスロージェットです。

外してみます。

2013_0207_100012-P2070019.jpg

ちょつと解り難いかも知れませんが、ゴムのオーリングが硬化して、そして破れています。

ここからスロージェット以外にガソリンが流れていたようです。

スロージェットの詰まりを確認します

2013_0207_100314-P2070023.jpg

ホースを付けて息を吹きましたが、吹けません。

詰まっているようです。

どうやらここが原因のようです。

その他の部分をチェックしましたが、それ以外は大丈夫のようです。

キャブクリーナーで洗浄。

2013_0207_102151-P2070026.jpg

スロージェットの詰まりを直して、組み立てます。

2013_0207_102834-P2070028.jpg

ガスケット類は新品にします。

このキットの中にオーリングも入っています。

2013_0207_103555-P2070030.jpg

スロージェットにオーリングを付けて

2013_0207_103615-P2070032.jpg

パチンとはめます。

2013_0207_103707-P2070034.jpg

スロットルストップスクリューで、外れないように押さえます。

車体に組んでエンジン調整。

2013_0207_105827-P2070038.jpg

今度はパイロットスクリューにも反応してくれます。

また音も小さくなり、目が痛くなる様な臭さも無くなり、OK牧場のようです。←ひさしぶり!!

これでまた気持ち良く掘れそうです。←何を *キュッ


おわり

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。